斉藤一人

いつのまにか夢を叶える方法

Pocket

サラリマン
サラリマン
夢を叶えるには、
どうすれば良いと思う?
才能のある人とかしか、
叶わないんじゃないかな。
みらい
みらい

サラリマン
サラリマン
ひとりさんに教えてもらおう!

こんな方におすすめ

  • 夢を叶えたい人
  • 夢を諦めてしまった人
  • 夢を応援したい人

願いは軽く願う!?

みんな願いは強く意識することで、叶えられるって勘違いしてないかな。

願いごとっていうのは、『軽く』願うぐらいに考えると良いんだよ。

むりやりに、手の届かないことを考えたり、願っても上手くいかないんだ。

たとえば、1万円しか持っていない人がお金持ちになりたいなら、

その人が、貯金として10万円あることを想像できれば良いの。

その人にとっての無理のないお金持ちの額っていうのがあるからね。

10万貯まったら、またもう10万円を貯める。

無理をせずにラクに動ける範囲が一番だよ。

まずは無理をせずに、補助輪をつけて自転車に乗るようなものなんだ。

そして、最初の10万円が貯まったらお祝いして、また次に進む。

また10万円貯まったらお祝いして、さらに次に行く。

こうやって少しずつ上がっていくんだね。

楽しくできる範囲でやるから、続けることが出来るの。

いきなり1億とかって言っても、本気で叶えられると思えればいいの。

しかも継続して思い続けられるならね。

でも1億って普通なら難しいと思ってしまうでしょ。

「このくらいだったらできる」というレベルを自分で知っておくことだね。

それを積み重ねていけばいい。

そうすると、どんどん自信がついてくるからね。

大事なのは「思いの軽さ」です。

さっきの例で言うと、貯金を300万円貯めることを想像したら、

実現できたとするじゃない。

でも、ムリして何かを犠牲にして300万貯めたのでは意味がないんだよ。

そうすると、ムリなことは、次に繋がらなくなっちゃうからね。

当たり前のことを、ただ当たり前にやっていく。

そうすると、いつのまにか、高い目標も叶えられるって、思えるんだよ。

思いが現実を作る

この思いが自然に考えらえる人と、そうじゃない人がいる。

たとえば、ひとりさんは、自然に50億円って思えるの。

だから、「思える訓練」をはじめることなんだよ。

普通の人は、100人いたら、8割くらい上手く行くなら、

自分も出来るかなって、思っちゃう。

だけど、訓練すると、100人いたら、そのうちの1人になれるって考えられる。

軽い思いで、当たり前に起こるものとして、思い続けられるの。

たとえば、ブログを始めて、やっとの思いで、100円貯めたとするじゃない。

そうすると、世の中には、ブログを始めても、1円も貯めれずに、

止めてしまう人もたくさんいるんだよね。

そうすると、ブログをやめてしまった人たちを、何千人も抜いたことになるんだよ。

さらに、もう100円を貯めれたなら、1万人とか抜くことになるの。

こうやって、思いを繋げていくと、いつのまにか、100人の1人になれるんだ。

夢を叶える人は思い続ける人

思いが途中で変わらなければ、基本的に叶えられるんだ。

夢がかなうかどうかは、そのことをずっと思いつづけられるかどうか、なの。

だから、夢に対しては、楽しいことでないと、思い続けられないよね。

本気で夢をかなえたいなら、一つずつ上がっていくってこと。

叶わないのは、本気だと思えてないだけだからね。

途中で止めてしまっているんだよ。

そして、この星は、もちろん現実の世界だからね。

行動を起こしていくごとは、当然、必要だよ。

そうすると、叶います。

みんなに言えることは、途中で思うことをやめないこと。

そのためには、自信を持っていいってこと。

ひとりさんのところに来た人たちは、必ず成功してるけど、

自信をつけるために、まずはハードルを低く下げてあげるの。

そうすると、誰でも成功できるんだよ。

自分に打ち勝つことを続けていければ、大成功するの。



そのうち加速の法則もついてくるからね。

毎日、100円貯めていけば、100日たてば1万円が貯まるじゃない。

だけど100日たたずに、なぜか1万円貯まる様なことが起きちゃう。

臨時収入が入ったり、おこずかいを貰ったりってね。

場数を踏むと、10年かかることが、1年で出来るようになるんだよ。

勢いがつくと、止まらなくなるんだよ。

【まとめ】いつのまにか夢を叶える方法

●ラクな気持ちで願おう。
 
●当たり前に思える訓練をしよう。
 
●小さな成功を積み重ねよう。

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-斉藤一人
-,

© 2020 ツイてる!366日 ♪