斉藤一人

サラリーマンは左遷されたら?【どう考える?】

Pocket

サラリマン
サラリマン
サラリーマンの
左遷について考えました。

左遷された時に考えること

あれこれ悩んでみても、過ぎた時間は戻ってきません。

長い人生のなかには、「無」から始めたほうがいい場合もあります。

サラリーマンなら、左遷されることもある。

降格することもあるでしょう。

そんな時は、思い悩むのが普通です。

だからこそ、「無」から始めてみるのです。

「今日からこの会社に入ったんだ。」

「今日から新しい業務をするんだ。」

これまでの知識と経験を活用すれば、

何とか乗り越えていけるものです。

過ぎた時間は、戻ってきません。

思い切って、「無」から始めてみる。

ただの気休めかも知れません。

この気持ちを安らかにさせてあげること。

人って、気休めも必要なときがあるものです。

こんなことから、案外と、道は開けてくるものです。

左遷されたからこそ前向きに改めること

サラリーマンにとって、最もツラいのは意に反して、クビになることでしょう。

早期退職を募る様な会社も増えており、やむなく会社を去ることもあります。

しかし、それ以上に多くのサラリーマンを悩ませるのが、左遷です。

左遷の事例を記します。

左遷の事例

●管理職から組合員に降格した。

●日陰の部署に、異動になった。

●遠方に異動になった。

●子会社に出向になった。

自分の意に反して、左遷になる訳ですから、

精神的なショックを受けることもしばしばです。

一方で、左遷されても、自分にとって良い経験になったと、

のちのち返り咲きすることもあるものです。

どちらにしても腐らずに、前向きに仕事に取り組むことが、

現状を改善する最大の術だと考えましょう。

左遷されたら転職も一つの選択肢

また、どうしても、今の会社が合わないと感じたら、

転職をすることも選択肢にはなるでしょう。

日本人は、1つの会社を勤め上げることが美徳である、

そんな風に考えがちです。

しかし、キャリアアップだけでなく、

左遷がきっかけで転職を決意する人も多いものです。

実際に、本人の希望に叶う転職もあります。

もちろんリスクもありますが、転職で人生を変えるのもありですね。

なぜならば、左遷されることで、リストラの対象社員に、

見なされることがあるからです。

クビになるのではないかと、怯えながら、業務に努めるくらいなら、

転職して、ゼロから始めた方が、良いと思うかも知れません。

この辺りは、改めて、書いていこうと思います。

本日もお読み頂き、誠にありがとうございました。

斎藤一人 39の名言集【悩み解消編】

サラリマンひとりさんの名言集第三弾悩み解消編です悩み解消のヒント満載です 目次 斎藤一人 名言集 (1)~(10)【悩み解消編】このままでいいんだよって言ってごらん。そのほうが相手も自分も楽だから。だ ...

続きを見る

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-斉藤一人
-,

© 2020 ツイてる!366日 ♪