斉藤一人

過去は変えられる話【心理的な方法】

Pocket

サラリマン
サラリマン
後悔することってあります。
そんな過去にとらわれない、
過去は変えられるという話です。

過去は変えられる

「過去は変えられないけれど、未来は変えられる」

世間の人はそういいます。

でも、ひとりさんはそう思っていません。

そうはならないんです。

「過去は変えられるけど、未来は変えられない」

これが現実だと。

変えられるのは、過去なんです。

では、なぜ過去が変えられるのか?

過去が変えられる理由は、

昔のことを思い浮かべるとき、

すでに「思い出」になってるからです。

思い出というものは、記憶に過ぎない。

もっと言うと、「過去の感情の記憶」です。

そして、変えたい過去というのは、後悔していること。

後悔という、良くない感情の記憶を持っているということです。

つまり、「良くない感情の記憶」を変えるということが、

過去を変えるための方法ということです。

では、どうすれば、「良くない感情の記憶」を変えられるか。

それは、「今が面白い、今がしあわせだ」と実感することです。

今をしあわせだと感じていると、過去の不幸を、不幸と感じなくなるんです。

過去もしあわせだと思えてしまう。

これが過去のイヤな出来事を、

今の自分の宝だと思う方法なんです。

過去もしあわせ

今がしあわせだと思える人は、

過去のどんな出来事もしあわせと思えます。

そして、今もしあわせだからこそ、

未来がしあわせになっていきます。

過去にとらわれて、今が不幸だと感じるなら、

それは、とてももったいない。

今のしあわせを、たくさん見つけることです。

人間は、万物の霊長です。

どんな過去も変えることができます。

そして、目の前の現実に向かって行けば、

イヤな出来事が、やがて自分の宝になるのです。

【まとめ】過去は変えられる話【心理的な方法】

サラリマンです。

過去のクヨクヨすることって、ありますよね。

私も、しょっちゅうあるのですが、

過去は変えられるという話です。

方法は、今をしあわせに生きるということ。

今を楽しく生きるということです。

さらには、笑い話に出来るかどうかですね。

笑い話に変えられたら、過去のイヤなことを、

乗り越えたと言えるでしょう。

たとえば、私は、良くプレゼンの時に、

言葉が出てこなくなるんですよね。

あの、変な間が空いてしまうのって、

スゴイいやだなって思うんです。

ただ、これを笑い話に変えればいい。

「あの間は、好きな女子アナを考えていたんだ。」

「あの間は、好きな女優のことを考えていたんだ。」

「あの間は、好きなグラビアタレントを考えていたんだ。」

「みんなから、つきあいたいって言われていて、

選べないから、みんなまとめてつきあおうって言った、

その後の間だ。」という。

過去のイヤな記憶に対して、常識的に考えても仕方ないです。

いかに笑い飛ばすか、

いかに笑えるのか、

いかに下らないのか。

そんなことばかりを考えていれば、

過去のイヤな出来事も、宝に変わります。

だから、過去に引きずられてしまい、

イヤな気持ちになってしまっていたら、

下らないことを考えて笑い飛ばしましょう。

それが過去を変えるための方法です。

●過去の後悔は、変えられると知ろう。
 
 
●今のしあわせを、具体的にたくさん見つけよう。
 
 
●過去の出来事も、やがて宝になると知ろう。

短所が長所と分かる10の具体例

サラリマン就職やバイトの面接で、長所が思い浮かばないことってありますよね? 短所ばかりが気になるのよね みらい サラリマン短所は、意外と長所だからね。見方を変えてみよう。 こんな方におすすめ 面接を受 ...

続きを見る

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-斉藤一人
-,

© 2020 ツイてる!366日 ♪