斉藤一人

出し切るとチャンスが来る話

Pocket

サラリマン
サラリマン
力を出し切ろう。
そうすると、
チャンスが来るよ。

出し切るとチャンスが来る

もっと出世するはずの人なのに、

いまいちの人がいっぱいいます。

それは自分の能力を出し切っていないから。

全力を出し切ると損だと思っているかもしれない。

だけど、そうじゃないんです。

持ってるものは、全部、出すんです。

一生懸命に能力を出し切っていく。

上の人たちは、ちゃんと分かるものです。

誰かが、見ています。

そうすると、「次の仕事」というチャンスが来ます。

「ちょっと、この資料作りを頼むよ」

「ちょっと、今度のプレゼン頼むよ」

そこでも、ちゃんと出し切っていく。

資料作りも、プレゼンも出し切る。

また、「次の仕事」がやってくる。

これが「出世」への道です。

「あいつは、良くやってるからな」

厚い信頼に繋がって行きます。

だから、サボっている人も、

ちゃんとわかるんですね。

全力を尽くしている人と、

尽くしていない人がわかっちゃうんです。

出し切るとは使いつくすこと

出し切ると、次から次へと仕事が来ます。

そして、出し切る習慣が身につきます。

だんだん、知恵も入ってくる。

持ってる知恵も、出せる様になります。

そして、知恵を出し切るために、

頭でも、顔でも、手でも、足でも使います。

一生懸命に使えば、もっと良くなる。

使えば使うほど、性能が上がってくるんです。

キーボードを、片手でしか打てなかった人も、

使ってるうちに、ブラインドタッチで打てるようになる。

片言でしか話せなかった英語も、

使ってるうちに、だんだん話せるようになってくる。

使うほど、良くなります。

だから、使わないと、もったいない。

頭は、使わないと、ボーっとしてしまいます。

自分から湧き出た知恵を、出し惜しみしないこと。

ひとり占めせずに教えあう。

おたがいに良いアイディアが出たら教えあう。

そうすると、10人集まると、10人力になりますよ。

【まとめ】出し切るとチャンスが来る話

サラリマンです。

出し惜しみしないって、大事なことですね。

もってるものは100%だしてしまう。

全部を出す。

無くなるものじゃ、ないんです。

使えば使うほど、次が入ってくる。

一生懸命にやってることも、周りに伝わります。

仕事なんて、自分の仕事をやりきって、

周りの人の仕事も手伝えばいいんです。

そうすると、周りからも感謝されます。

また、「次の仕事」というチャンスが来ます。

だから、出し切ることは、自分にも、

周りにとっても、良いことずくめですね。

うまく出し切れてないと思ったら、

まずは、手でも、足でも、頭でも、

使えるものは何かを、考えてみましょう。

「言葉」なんて使い勝手ありますよね。

まだまだ使えるものは、あるはずです。

どんどん使って、チャンスをつかみましょう。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

ポイント

●出し切ると、「次の仕事」というチャンスが来る。

●使えば使うほど、性能は上がる。

●使いぬくと、ご褒美がもらえる。

いつのまにか夢を叶える方法

サラリマン夢を叶えるには、どうすれば良いと思う? 才能のある人とかしか、叶わないんじゃないかな。 みらい サラリマンひとりさんに教えてもらおう! こんな方におすすめ 夢を叶えたい人 夢を諦めてしまった ...

続きを見る

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-斉藤一人
-,

© 2020 ツイてる!366日 ♪