時事記事

台風10号2020に備えよ!今後の進路?日本にいつ来る?

Pocket

大型の台風9号(メイサーク)が、朝鮮半島を北上しています。

こちらの影響で、九州北部では、3日(木)お昼頃までは、

暴風や高波、そして、高潮に、注意が必要となります。

一方、すでに台風10号も非常に強い勢力として発達しています。

この記事では、

内容

  • 台風10号2020今後の進路は?
  • 日本にはいつ上陸するか?
  • 3日前から備えよう!

についてご紹介いたします。


台風10号2020今後の進路は?


台風10号は、9月1日21時頃に小笠原の近海で発生しました。

ハイシェンと呼ばれており、中国語で海神と命名されています。

今週末にかけて、奄美大島から、西日本へと接近するものと思われます。



風速80m/sの威力とは?


風速と言われると、なかなか体感が分からないと思いますが、

いったい風速80m/sとは、どのぐらいの威力なのでしょうか?


気象予報士の松並健治さんの解説によると、

車が吹き飛ばされるような竜巻


とのことです。

人間が外出できる様なレベルではないとのこと。

絶対に、外には出ない様にしなければならないですね。

日本にはいつ上陸するか?

さて、この台風10号の日本への上陸ですが、

具体的には、ウェザーニュースによると、

6日には、沖縄や、奄美大島へ、

7日には、九州へと接近する可能性があるとされています。


7日には、九州に接近するとされていますが、

上陸しない場合でも、極めて危険であるとされています。



理由は、

「海上を進んでいるうちは、台風の勢力が、弱まらない」

からです。


というのも、台風のエネルギーは、海水の温かい蒸気によって、作られます。

ですので、海上を進んでいくコースというのは、海からエネルギーを補給しながら、

進んでいくということになるんですね。



7日(月)に九州北部に接近すると考えられていますので、早めの備えが必要です。



3日前から備えよう!

そこで、参考になる資料についてご紹介いたします。

NHKから、台風に備えるための3つの行動が出されているのでご覧ください。

①備える~2 . 3日前

  • ハザードマップをチェックしよう
  • 自宅は低地?浸水リスクを考えよう
  • 備蓄や防災グッズを再点検しよう
  • 調理不要の離乳食を用意しよう
  • 避難所の充電渋滞を回避しよう
  • 飛ばされやすいものは、家にしまおう

②動く~1日前

  • 最新情報を手に入れよう
  • 避難勧告が出たら直ぐ避難しよう
  • お年寄りは「避難準備」で行動しよう
  • 2階以上で寝よう

③守る~最接近

  • 屋内にいよう
  • 車の移動も避けよう
  • 出勤や帰宅も危険と知ろう
  • 垂直避難をしよう(高い建物へ)

まとめ

台風10号について、進路予想と防災についてご紹介いたしました。

いまの内に、備えることで、被害を抑えていきましょう。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-時事記事
-, , ,

© 2020 ツイてる!366日 ♪