事件

ドコモ口座事件とは何か?不正な預金引き出し横行|犯罪者の視点は?

Pocket

ドコモ口座を通じて不正な預金の引き出し事件があいつぎました。

このドコモ口座事件とは、いったい何なのか?

ドコモユーザー以外には、被害はないのか?

犯罪者は、なぜドコモ口座を選んだのか?

この辺りをご紹介させて頂きます。

ドコモ口座とは何か?


まず、ドコモ口座についてご説明いたします。


「誰でも、簡単に解説することができる!」とうたわれています。

言い換えれば、犯罪者でも簡単に作ることが出来るという口座です。

このドコモ口座は、登録した銀行からの入金が可能になります。

つまり「バーチャルなお財布」と呼んでいるのは、

気軽に、銀行からお金を送金できるというサービスだからですね。

大きな特徴は、口座開設に、本人確認が不要という点です。

これが、そもそもの問題ではないのかと、かなり批判されています。

普通は、2段階認証によって、本人確認のために、

自身の持っている携帯に、パスワードが送られてきて、

それを本人確認のために、入力をしますよね。


これが、ドコモ口座はないんです。。

ドコモ口座事件とは何か?

つまり、ドコモ口座事件とは、

第三者である犯罪者が、簡単にドコモ口座を作成する。

そして、誰かの銀行口座を登録してしまい、

不正に、預金を引き出してしまうというものになります。

(口座番号、口座名義、暗証番号を盗まれたことが前提)



通常、銀行間の送金を不正に行えば、すぐに、

足がついてしまうので、銀行から銀行への不正送金は、

バレてしまう訳ですね。



ところが、ドコモ口座を経由すると、

本人確認が不要なために、犯罪者の足がつきにくいと。

こういうことになってしまうんですね。


さらに、ドコモ口座は、複数作成が可能となりますので、

何個も口座を開設することで、誰かの銀行口座から、

少額で、不正取引を何度も行うことで、

気づかれにくいということもあるのだとか。

犯罪者も常に、犯罪を研究しているのでしょうが、

何ともサービスの穴をついた事件と言えるでしょう。

ドコモユーザー以外は、被害はないか?

では、自身が、ドコモユーザーでなければ、問題ないのか?

という疑問も当然わいてくると思いますが、どうなのでしょうか?


結論としては、ドコモユーザー以外でも被害は出ています。

理由は、ドコモ口座を作っていない場合でも、

犯罪者が、勝手にドコモ口座を作成し、

銀行情報と紐づけして、不正送金を行ってしまうからです。

犯罪者は、なぜドコモ口座を選んだか?

ここまでお読み頂いた方には、ご理解いただけたかと思いますが、

犯罪者側がこのドコモ口座に狙いを定めたのは、

「足のつきにくいサービス」

だからですね。


被害の補填は?

ツイッターには、去年の段階では、全額補償にはならなかったとの情報も。

このあたりは、何とか対応して欲しいものです。


まとめ

ドコモ口座事件についてご紹介をいたしました。

自身は、関係ないかなと思っている方も、十分な注意が必要です。

一度、銀行口座の確認を行った方がよさそうですね。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

-事件
-,

© 2020 ツイてる!366日 ♪