事件

鹿児島コロナ指宿さがら病院でクラスター発生!感染経路や今後の対応は?

Pocket

鹿児島県の指宿さがら病院にて、コロナクラスターが確認されました。

市中病院でのクラスターに対し、ショックとの声も寄せられています。

この記事では、

☑指宿さがら病院のクラスター発生状況

☑感染経路について

☑鹿児島県の感染状況

☑指宿さがら病院の場所

☑鹿児島県の今後の対応

についてご紹介をいたします。

鹿児島県の指宿さがら病院クラスター発生状況

鹿児県のJR指宿駅近くの指宿さがら病院にて、8月15日までに、

コロナ陽性者が33名確認されました。

14日に、職員1名が発熱と味覚症状のため検査を行ったところ、

陽性と判明した模様です。

結果的に、33人の陽性者が確認されたということです。


感染経路は?


病院関係者からは、

職員の陽性が分かり、一斉に検査したところ、
次から次に(陽性者が)出た。
感染を防ぐため、対策はしていたのだが。

南日本新聞社


と述べられており、感染経路は特定できていないとのことです。

やはり、気になるのは、院内感染を起こしているのかどうかですね。

鹿児島県のコロナ感染者推移


鹿児島県では、8月14日までは、クラスターは4例報告されており、

累計281名の感染者が確認されていました。

そして、今回、感染対策を十分に行っていた市中病院でのクラスターを確認。

現在8月15日時点では、累計296名となり、新規感染者の報告は15名となります。

NHKコロナ特設サイト

病院側の報告と感染者数の不一致について


ということで、病院側は33名の陽性者を発表していますが、

鹿児島県側からは、15名の報告になっているんですね。

感染者数の不一致は、なぜ?ということですが、

集計が間に合わなかったからではないかとのことです。



指宿さがら病院の場所


指宿さがら病院は、こちらです。

指宿駅から非常に近い場所にあるのが確認できます。

〒891-0406 鹿児島県指宿市湯の浜1丁目11−29



今後の指宿市の対応

指宿市は15日夜、急きょ対策本部会議を開いています。

その結果、図書館やふれあいプラザなのはな館などの公共施設を、

16日から当面、閉鎖すると発表しています。

豊留悦男市長は、

「人の出入りが多いお盆時期の発生を重く受け止めている。
市中感染が広がらないように努めたい」

と話されています。

SNS反応


地元の方を中心に不安の声が寄せられる一方で、

コロナとの闘いに負けずにとの声も上がっています。









お盆の時期と重なり、人の交流も増えていますので、

地元の方のコロナへの不安が感じられます。

また熱中症にも同時に、気をつけなければなりません。

外出時には、夏用のマスクをつける等の対策も必要ですね。

まとめ

鹿児島県の指宿相良病院のコロナクラスター情報をご紹介いたしました。

☑県内で5例目のクラスターで、
病院は33名が陽性と判明

☑コロナ陽性者数 累計296名(8月15日)

☑指宿さがら病院のクラスター感染経路は不明

☑今後の指宿市の対応は公共機関の一部閉鎖

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-事件
-, , , ,

© 2020 ツイてる!366日 ♪