斉藤一人 生活

冒険をして、ワクワクドキドキしよう。

Pocket

サラリマン
サラリマン

本当にしたいことをしよう。

でも、やりたいことをやるって、
何だか気が引けてしまうわ。。
エルコ
エルコ
サラリマン
サラリマン
大丈夫だよ。ひとりさんに、聞いてみよう。

 

こんな方におすすめ

  • 毎日が退屈でつまらない人
  • このまま終わらないと考えてる人
  • チャレンジしている人

イキイキするには、冒険が必要だ。

男も女も、輝くためには、冒険が必要です。

もっと、外に向かってチャレンジしていいんです。

ワクワクドキドキがなければ、人生なんてつまらない。

毎日、刺激が無かったら、充実感が湧かないものです。

恋だって、冒険だよ。

「今日は、初めてのデートだな」「付き合ってくれるかな」って、考えるだけで、ワクワクする。

うまくいくかどうかは、冒険です。

仕事も冒険だね。

お客さんが、初めてお店に入ってきてくれた時や、

初めて商品を買ってくれた時は、ドキドキしたでしょう。

ドキドキを求めて、仕事を工夫すれば、毎日、働くことが、苦痛にならないと思うよ。

一人さんは、言います。

冒険している人生は、短く感じるもの。

冒険していると、若くてイキイキしたまま生きられる。

若く見える人は、冒険をし続けている人なんだ。

それも新たな、冒険に挑戦している。

恋も、仕事も、まだ、見たことのない景色を見るために、どんどんチャレンジしていこう。

冒険するときこそ、笑顔でいよう。

冒険は、ハラハラドキドキするものだからね。

うまくいくかいかないか分からないことが冒険なの。

そんな時に、一人さんは言います。

いつも楽しく、幸せになるには、何よりも笑顔が大事だよ。

ずっと笑顔でいれば、自然と、冒険を楽しめる。

周りの人やお金からも愛されるようになるんだね。

この笑顔って、本当に素晴らしいんです。

会う人、会う人、みんなファンになっちゃうんです。

でも、笑顔でい続けるって、案外、難しいもの。

実は、プロの笑顔っていうのは、練習が必要です。

毎日、鏡を見たら、笑顔の練習をしてみな。

お風呂上りや、歯磨きをしたあと、お化粧をしたあととかね。

そうすればだんだん、プロの笑顔になってくる。

会った人たちから、笑顔で返してくれるようになる。

そうすると、笑顔の花が咲くからね。

ドキドキの冒険も、周りの人に助けられながら、楽しく挑戦できるんだ。

冒険は、苦しくないよ。楽しいもの。

みんな、冒険って、苦しいものだと思ってる。

だけど、一人さんは、いつも楽しく冒険するためには、どうするかっていうことを考えています。

どんな状況でも、楽しさを外すことは絶対に出来ない。

それが、冒険をするためには、絶対に正しいの。

とにかく、楽しいことを考える。

楽しんで、楽しんで、ひたすらに、楽しむ。

そうすると、苦しいことって、絶対になくなるから。

究極を言うと、勝負やなんかでも、負けたっていいって思ってる。

それよりも、ただ、ひたすらに、楽しければいいって、一人さんは、思ってる。

ただ、結局、楽しくやってる人間が、勝てる時代が来たんです。

令和の時代は、とにかく、簡単で、楽しく楽しく、やってる人間が、勝つ時代。

簡単で楽しいことを、もっともっとやるだけ。

そうすると、勝っちゃう、そういう「魂の時代」が来たんだね。

楽しい冒険は、終わらない。

「魂の時代」に必要なことって、どこまでも楽しむことなの。

仕事も楽しみながら、どうすれば出来るかを、ひたすら考えて行動する。

苦しみながらしているようでは、上手く行かないの。

そうやって、楽しみながら、冒険すると、自然と、お金も、人も集まってくる。

儲かっちゃうんだ。

一人さんは言います。

俺たちは、生まれた時よりも魅力的にならなきゃならない。

それが、神様との約束だから。

それを忘れちゃいけないよ。

必ず、魅力的になる。

そして、どうすれば、魅力的になれますかって?

それが、楽しく冒険することなの。

楽しく冒険していると、魂が成長して、どこまでも魅力は高まる。

魂の成長に、終わりはないんだね。

だから、ずっと、冒険し続けているんだよ、と。

そこで、一人さん流の冒険って何なんですかっていうと、常識に全然とらわれていない。

例えば、ジョークで説明すると、家族で鍋を食べるとする。

そこで、一人さんの場合は、愛人も来て一緒に食べる(笑)。

そこで、鍋を食べてると、そこに、愛人の旦那と子供まで来て、一緒に楽しく食べるんだ(笑)

常識を超えて考えることで、魅力って、どんどん出てきます。

冒険して、うまくいかないこともあるでしょう。

でも、それは、失敗じゃなくて、経験だからね。

俺たちは、魅力的になって、ふるさとに帰る。

だから、楽しく、冒険する。

これが、魅力を高める秘訣なんだよ。

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-斉藤一人, 生活
-

© 2020 ツイてる!366日 ♪