生活

凄い人は、反対がへこんでる。

Pocket

サラリマン
サラリマン

自分の強みは何だろー?

人間の総面積は決まっている。

世の中に凄い人って、たくさんいます。

その凄い人たちって、実は、反対側はへこんでいるものなの。

だから、スバ抜けている人って、飛び出ている部分で、個性があるって思われる。

先生とか、まわりが、へこんではいけないって言うでしょ。

すると、へこみを埋めようとしてしまうんだね。

でも、それで、かえって、つまんなくなっちゃう。

人間の総面積って、決まっているからね。

へこんでいる分、飛びぬけているんだよ。

削ったり、埋めたりすると、せっかくの個性が無くなっちゃう。

それは、強みを消してしまうことなんだね。

飛び出た個性があれば良い。

スゴくできる人って、スゴくへこんでいるものなの。

長所が、短所を補っている。

言い方を変えれば、短所があるから、長所があるの。

弱いところがあるから、強さが生まれているんだ。

飛び出た個性を活かすためには、へこんでいる部分を、残しておくことが大事なんだね。

削ってしまっては、もったいないよ。

スティーブジョブズさんが、「ハングリーであれ、愚か者であれ」って、

大学の卒業式でスピーチしたんだね。

これって、個性を磨いていこうねって、話なんだ。

決して、飛び出している部分を、削るようなことではないんだね。

へこみを埋めなくて大丈夫。

人と比較して、落ち込んだりしてないかい?

自分は、あの人よりも、仕事が出来ないとか。

あの人よりも、頭が良くないとかってね。

でも、人と比較することって、無意味なの。

仕事が出来ないとか、頭が良くないって、落ち込む必要ないよ。

人には、個性ってものがある。

バラはバラとして美しく咲く。

桜は、桜としての花を咲かすものなの。

それぞれの個性があって、この世界って面白くなっている。

だから、人と比較して、劣等感を感じる必要はないんだよ。

それよりも、自分のへこみが、どんな個性につながっているのか、

それを知ることが大切だよ。

たとえば、人の痛みが分かる、ものすごい優しい人間であるとかね。

その人がいるだけで、周りが優しい気持ちになれるとかってさ。

それは、ものすごい個性なんだ。

だから、へこみは、強みだって分かると、ラクに生きられるよ。

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-生活
-

© 2020 ツイてる!366日 ♪