斉藤一人 生活

失敗した時の向き合い方

Pocket

サラリマン
サラリマン

失敗はしたくないって、思いますよね。
ただ、行動するほど、失敗はつきもの。
失敗して悩む方に対して、
失敗した時の向き合い方について、
書きました。

こんな方におすすめ

  • 失敗して悩んでる人
  • 失敗して落ち込んでる人
  • 失敗を重く考えてしまう人

上手く行かない時にどうするか?

仕事でも人間関係でも、勉強でも、上手く行かないことはあります。

そんな時に、完璧主義者になっては苦しいものです。

不完全で大丈夫です。

なぜかって、不完全でも良いと思っていれば、

多少の失敗があっても、うまく行ったところを、

ほめることができるから。

不完全で良いと思っていれば、

自分に対しても、人に対しても、

うまく物事がいかなかったからといって、

責めたりしないですよね。

料理を作るときに、完璧な味付け何てむずかしいものです。

もっと良い味付けがあるかも知れないけど、

これはこれで美味しいなって、食べた方が楽しい。

そこから、また次の味付けの工夫が始まるものです。

結果をおそれることはないんです。

結果をおそれないから、のびのびと、

積極的に挑戦していける。

そうすれば、トラブルも起きにくくなりますよ。

完璧を求めないこと

運の良い人やツキのある人は、

いい加減であるところがあります。

適当そうで、的を外していないという。

ちょうど、良い加減なんです。

完璧主義じゃないってことですね。

もともと人間は、不完全ですから。

完璧に物事ができるはずがないんです。

社会にも完璧な答えはないです。

そして、完璧主義で問題なのは、出来ない時に、

自分や他人を責めてしまうということ。

完璧でないと、我慢ならない人ですね。

そして、失敗を悔やんでしまう人。

誰でも失敗なんてします。

むしろ挑戦する人ほど、失敗します。

なぜなら、行動が多くなるからです。

行動して、成功と、失敗を繰り返して、

失敗からは、成功のための学びを得る。

失敗よりも学んだことを意識すること。

これが大事なことですね。

【まとめ】失敗した時の向き合い方

サラリマンです。

完璧主義だと、息苦しくなるものですよね。

何よりも、完璧なんてないですからね。

では、いい加減だと、何が良いでしょうか?

それは、自分も、人も責めなくなるってことです。

良いところをほめながら、軽やかに進める

だから、スピーディーに物事を進められる。

より良い改善もしやすくなります。

何よりも、気分良く過ごせる。

完璧主義だと、細かいところを指摘しながら、

なかなか進まなくなる。

時間が掛かりますよね。

この不確実性の高い時代。

やはりスピーディーに早く進めることが、

運やツキを引き寄せるコツじゃないでしょうか。

だから、私のブログは全く完璧なものじゃないです。(笑)

その代わり、スピード感を持って、たくさん書いて行きますね。

これからもお付き合い頂ければ嬉しいです。

お読み頂きありがとうございました。

●不完全は素晴らしいと考えよう。
 
 
●失敗から学び、学びだけを意識しよう。
 
 
●スピードは全てを改善する。

気楽に生きるススメ【肩の荷を下ろそう】

サラリマンいつも気楽が1番だよ。気が重い人のために、書きました。 こんな方におすすめ 肩の荷を下ろしたい人 気楽に生きていきたい人 職能力に悩んでる人 目次 「人生はラクでしあわせ」がテーマラクに生き ...

続きを見る

【↓斎藤一人 オフィシャルブログ↓】

https://ameblo.jp/saitou-hitori-official

スポンサーリンク

-斉藤一人, 生活
-, ,

© 2020 ツイてる!366日 ♪