仕事 斉藤一人

男は仕事をやらなきゃ家族を幸せに出来ない。

Pocket

サラリマン
サラリマン

仕事だけはやらないとね。

こんな方におすすめ

  • 愛する人を守りたい人
  • 仕事で戦っている人
  • 未来を切り開きたい人

男は仕事を1番に考えるべきだよ。

モテたいって男は多いと思います。

女性から、「私と、仕事は、どっちが大事?」なんて聞かれたら、

迷わずに「仕事だよ」って答える。

そうすると、ますます男は、モテル様になるんです。

男は、原始の昔から、マンモスを追いかけて生きてきました。

命を落とすこともある。

その中で、狩りをして、女や子供を守ってきました。

家族を守るためには、狩りを止めるわけにはいかないんですね。

男が、今はなかなか給料も上がらずに、仕事も大変かも分かんない。

でも仕事を辞めるわけには、いかないんだよ。

今の職場が気に入らないなら、他の仕事にするのはいいんだ。

転職するのもいいんだよ。

だけど、仕事を辞めるわけにはいかないんです。

お金を稼ぐためには仕事をしなくちゃいけない。

お金を稼がなければ、愛する人も、自分自身も幸せにすることは出来ない。

いやなら、非常口から逃げてもいいんです。

だけど、非常口から逃げたら、必ず、新しい仕事をきちんとやりなさいってことなんです。

そしてね、今の職場や、仕事がイヤなら、イヤな中でも、楽しいと思えることを、一つでも見つけるの。

上司がイヤでも、可愛いお客さんに会いに行くのを楽しみにしてもいい。

とにかく仕事をする楽しみを見つけることが何よりも大事なことなんだ。

幸せになるためには、仕事をきちんとすることから始めるってことなんだ。

昨日までの経験で、今日を生き抜く。

どうしても、仕事に行きたくないって日があるかもわからない。

そんな日は、昨日までの全ての経験を総動員して、今日一日を生き抜くの。

そうすると、イヤな仕事も、何とかなるものなの。

新しい仕事も、難しいと思ってる仕事も、何でも同じ。

全ての昨日までの経験を通して、一日を生きる。

そうやって、毎日の経験を積み重ねていくと、次に繋げられるからね。

人は、経験していないことからは、次に繋げることが出来ないんだ。

だから、次に繋げるためにも、昨日までの全ての経験を使って、生きることだよ。

自分の絶対的な味方になることだよ。

会社に行きたくない理由って、人間関係が原因であることも多い。

たとえば、仕事で、イヤな上司が会社にいるとするじゃない。

そこで、「評価されないのは、自分が上手く出来ないから」

「あまり相手をされてないのは、自分が嫌われているから」って、

自分を責めることがあるかも知れない。

そんな時こそ、自分で、自分の味方になることが大切なの。

「本当に、イヤな上司だな。気持ちは、良く分かるよ」って、自分自身を客観的に理解する。

これは、他の人にわかってもらえなくてもいいんです。

自分が、自分を分かって上げることが大事だよ。

そうすると、自分が自分を受け入れることが出来る様になる。

自分自身を大事にすることになる。

これが、自分を愛するってことなの。

自分を大事に出来るようになれば、人にも優しくなれる。

人を大きな心で見ることができるようになるんだ。

仕事は、命がけで、楽しく次のことを考える。

仕事って、必ず、最大の敵が出てくるものなの。

その時には1つの決まりがある。

それは、「相手と、同じことを、自分もする」っていう決まりです。

例えば、お酒の業界で、第三のビールってもの凄い売れてるんだよね。

相手の会社が、第三のビールを、どんどん売っている。

そこで、うちは、昔から、ビール一筋ですからって、

ビールだけ作ってれば良いかっていうと、そんなことないの。

ビールだけでは、頭打ちになっちゃう。

むしろ、相手の会社は、第三のビールと合わせて、

ビールの売り上げまで、伸ばしちゃうっていうものなの。

だから、必ず、相手が始めた第三のビールを、自分の会社も始めれば良いんです。

しのごの言わずに、お客さんが求めてる第三のビールを作りなさいっていう。

商品だけじゃなくて、人にも当てはまります。

競合メーカーの優秀な相手が出てきたり、出世のライバルが出てきたりする。

そこで、相手は、色んなことやってくる。

そしたら、すかさず、自分も同じことをする。

そして、命がけで、楽しく次のことを考えることなの。

それが、最大の敵が出てきたときにやることなんだ。

収入up!働き方改革で楽しく仕事をする考え方

サラリマンどんどん稼ぐためには、どうすれば良いかな?ひとりさんに聞いてみよう。 エルコ こんな方におすすめ 仕事がつまらない人 今よりも稼ぎたい人 働き方を変えたい人 目次 仕事って飽きないものだよ。 ...

続きを見る

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-仕事, 斉藤一人
-

© 2020 ツイてる!366日 ♪