時事記事

火球とは何か?地震の予兆?わかりやすくご紹介!目撃情報2020

Pocket

火球の目撃情報が、8月21日夜に関東であいついで報告されました。

自分の錯覚では、なさそうですよね。

この記事では、

☑火球の目撃情報とは?2020年

☑火球とは何か?わかりやすくご紹介!

☑火球と地震は関係?

についてご紹介いたします。

☑火球の目撃情報とは?2020年


8月21日の火球の目撃情報は、ニュースでも報道されました。


くっきりと見える明るさですよね。

SNS上でも、目撃情報は多く上がっています。



また、20年7月2日にも、火球があらわれているんですね。



ここ最近、頻繁にあらわれる火球ですが、そもそも火球って何でしょうか?


☑火球とは何か?わかりやすくご紹介!


火球って、「火の球」ってことですよね。

ファイヤーボールとも呼ばれています。

ただ、しっかりと、火球について定義もあり、

「絶対等級が-4等級よりも明るい流星」

とされています。



これだけ聞いても、良く分からないですが(^-^;

わかりやすく言うと

「明るい流れ星」

ってことなんです。

いちおう絶対等級とは、

100キロ離れた場所から見た時の光の強さ

になります。



そして等級とは、

小さくなるほど明るくなる、大きくなると暗くなる

という意味合いです。

マイナス4等級ってのは、かなり強い明るさを表しますが、

では、どれぐらい明るいの?っていうと、

日中でも見える星

のことです。

具体的には、金星がほぼマイナス4等級と言われていますね。



大気で蒸発してしまうこともあれば、地球に隕石として落下する場合もあるとか。

どちらも、マイナス4等級の明るさがあれば、火球と考えられています。

☑火球と地震は関係?


昔から、地震の予兆として、火球の存在が考えられていた様です。




結論としては、直接の地震と火球の関係性は明らかになっていません。

ただ、地震と謎の発光物との関係性と言うのは、何世紀も前から伝えられてきたとか。

実際の例でも、

2009年、イタリアのラクイラ地震の発生数秒前に、
石畳の上をちらつく直径10センチほどの炎を大勢の人が目撃している。

1988年にカナダのケベック州を襲った地震の場合、
その11日前に発光現象の報告が相次いだ。

ナショナルジオグラフィック



と報告されています。

地震と発光物の関係性


こちらについては、アメリカの物理学者フロイント氏などにより、

「力が加わった玄武岩や斑れい岩に、電荷の“充電スイッチ”が入る」

と報告されています。



「電荷は結合して一種のプラズマのような状態になり、

猛スピードで移動し、地表ではじけて空中放電を起こす。

これが色鮮やかな光の正体だ」

ナショナルジオグラフィック


ただ、諸々の条件が整う確率は、0.5%未満とのこと。

いちおう、予知を知る1つの指標にはなってるそうです。

詳細は、Seismological Research Letters」誌1月・2月号まで。

まとめ

火球の定義や、地震との関係性についてご紹介いたしました。

火球とは、昼間でも見える明るい流れ星。

マイナス4等級程度であり、金星と同じぐらいの明るさ。

地震との火球との直接の因果関係は明らかでない。


個人的に思うのは、ファイアーボールっていう響きが、かっこいいですね。

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-時事記事
-, , , ,

© 2020 ツイてる!366日 ♪