時事記事

台風12号2020最新進路予想は?日本上陸?米軍欧州気象庁の予報!

Pocket

台風12号(ドルフィン)が、日本の南の海上を北上しています。

連休明けの23日から25日にかけて、

広く大雨を降らせる可能性があり注意が必要です。


この記事では、

内容

  • 台風12号2020と秋雨前線
  • 米軍の進路予想は?
  • 欧州の進路予想は?
  • Windyの進路予想は?
  • 気象庁の進路予想は?
  • 3日前から備えよう!

についてご紹介いたします。


台風12号2020と秋雨前線の影響


台風12号は、22日9時時点で、

日本の南の海を北北東に進んでいます。

24日~25日にかけて、

東日本に上陸するおそれがあるので、

注意が必要です。


台風は、北上するにあたり、

太平洋側では東北にかけて、

強い風や、大しけとなる見込み。



さらに、日本列島全体に秋雨前線が停滞しています。

そのため「長時間にわたった広範囲の大雨」

が懸念されますね。



通勤・通学のダイアの乱れもありそうなので、

早めの出発が良さそうです。




米軍の進路予想は?

アメリカ海軍と空軍が共同で設置した、

米軍合同台風警戒センターが出す台風予報です。


図の見方ですが、

現地時間に「プラス9時間」すると、

日本時間ということになります。


つまり、22日現在では、

23日午後3時:紀伊半島が暴風域:風速27.5メートル/S

24日午前3時:東海エリア接近:風速27.5メートル/S

24日午後3時:東京上陸:風速25メートル/S

25日午後3時:北海道から青森にかけて強風:22.5m/S

の予想となっています。

ちょうど、連休明けの23日から25日に、

台風の影響を受けることが良く分かります。

欧州の進路予想は?


欧州では、

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

がスーパーコンビューターを用いた予報になります。

「世界一の数値の予報精度」とも言われてますよ。


9月23日
9月24日
9月25日


こちらでも、

23日から25日にかけて太平洋側を中心に、

東日本を北上していく様が確認できますね。


Windyの進路予想は?


こちらは、

チェコの企業が提供する天気予防サービス。

風の動きを視覚的にとらえられるのが特徴です。

また、図の左下の再生をクリックすると、

進路予想を確認することが出来ますよ。

気象庁の進路予想は?


気象庁の予報では、

70%の確率で台風の中心が入る範囲を、

示しています。


こちらを見ると、

「日本上陸はない」

ということになりますね。


米軍・欧州とは、少し異なる軌道を示していますが、

海上を台風が北上する場合も要注意です。

台風は、海水の温かいエネルギーをもとに、

発達すると考えられているからです。



まとめ

台風12号について、進路予想についてご紹介いたしました。

いまの内に、避難経路の確認や避難場所を確認しておきましょう。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

【斎藤一人 オフィシャルブログ】

スポンサーリンク

-時事記事
-, , , ,

© 2020 ツイてる!366日 ♪